こんにちは☆
日立営業所の阿部です。
テレビでは専ら台風情報が取り上げられていますね。
大雨・強風、甘く見ていると痛い目にあいます。
台風に備えて被害を未然に防ぎましょう!
1.台風が来る前に
 台風が接近してから屋外に出るのは危険です。気象情報に気を配り、
 台風がくる前に対策を講じましょう。
 ◎家の外の備え
 ・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要であれば外から板を打ち付けて補強する。
 ・庭木に支柱を立てたり、塀を補強する。
 ・側溝や排水口は掃除して、水はけをよくしておく。庭木に支柱を立てたり、
  塀を補強する。
 ・テレビアンテナはステー線や支柱を確認し、補強しておく。
 ・風で飛ばされそうな物、たとえばゴミ箱や小石などは
  飛ばされないように固定しておく。
 ◎家の中の備え
 ・雨戸をおろしたり、割れたときのガラスの飛散を防ぐために、
  ガラス窓にテープを貼ったりする。
  外からの飛来物の飛び込みに備えて、カーテンやブラインドをおろしておく。
 ・次のような非常用品をまとめて、持ち出し袋などに入れておく。
  懐中電灯・ローソク・マッチ・携帯ラジオ・予備の乾電池・救急薬品・衣料
  貴重品・非常用食料・携帯ボンベ式コンロなど
 ・断水に備えて飲料水を確保する。浴槽に水を張るなどしてトイレなどの
  生活用水を確保する。
  長期停電のため、冷蔵庫のものが腐る恐れもある。
  水や食料品の備えは十分に。
 ・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。
2.危険が迫ったら
 避難
 ・防災機関などから避難の勧告や指示があったら、すぐ従えるように準備し、
  すばやく避難する。 
  「むだ足覚悟で早めの避難」を心掛ける。
 ・避難の前に、必ず火の始末をする。
 ・避難の際、持ち物は最小限にし、背中に背負うなどして、
  両手は自由に使えるようにしておく。
 ・頭はヘルメットや安全帽で保護する。素足は禁物で、靴は丈夫で底の厚いものがよい。
  長靴は水が入ると歩きにくい。
 避難先では
 ・勝手な判断や行動をせず、責任者の指示に従う。
 ・引き続き、台風情報や注意報・警報に注意する。
台風がそれてくれることを心から祈るばかりです。