こんにちは!

日立営業所の阿部です☆

 

夏がほんとあっという間だったな、と思うほど

もう秋を感じている今日この頃ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今夏は朝晩の寒暖差が激しく自律神経に負担がかかる気候だった上、梅雨明け後は真夏日・猛暑日が続きました。

このような不安定な天候が続くと、身体への負荷が蓄積され、秋になっても夏の不調が回復せずに“秋バテ”になることが懸念されます。

秋バテには、夏は元気に過ごしたのに秋になると燃え尽きたように不調が顕在化する“燃え尽き型”と、夏バテが回復せず秋にも不調を引きずる“だらだら不調型”の2タイプがあります。昨夏は“だらだら不調型”が多数派でしたが、秋バテのタイプはその夏の気候や、個人の体力によって異なるため、どちらのタイプも注意が必要です

 

■あなたは何タイプ? “秋バテ”自己診断リスト

ここでは、ご自身が“秋バテ”になりやすいタイプかチェックしてみましょう。

<“秋バテ”危険度チェック>

(1)冷房が効いている部屋は快適に感じる

(2)冷たい飲み物が好き

(3)屋外でのレジャーが好きなほうだ

(4)夏の入浴はシャワーだけの場合が多い

(5)夏は素足でいることが多い

(6)胃腸が弱い方だ

(7)紫外線対策を怠りがち

(8)普段過ごす部屋(家または職場)の冷房温度は 25 度以下

(9)夏は果物をよく食べる

(10)暑さ、寒さに弱い

3個以上当てはまると秋バテになるリスクが高いです。特に(1)~(5)に○が多い場合は、“燃え尽き型秋バテ”になる可能性が高く、このタイプは夏場に自覚症状がなく、対策が遅れがちになるため、より注意が必要です。

 

■タイプ別秋バテ対策法

ここでは、タイプ別秋バテ対策法をご紹介します。

(1)燃え尽き型秋バテの方

夏はシャワーだけで済ましている人も多いと思いますが、シャワーだけだと身体の冷えが解消できずに、体温・代謝も上がりません。「暑くてどうしても湯船には浸かりたくない」と言う人は、シャワーを浴びる時間を長くする、頭から長めにシャワーを浴びる、首元をシャワーで温めるなどの工夫をしましょう。

(2)だらだら不調型秋バテの方

このタイプの方は胃腸が弱く、熱を産生するのが苦手な体質の人が多いです。筋肉を鍛えることで熱を生み出すのが良いです。「筋トレが面倒」と言う人は、気付いた時に肩甲骨周りを動かしてください。肩甲骨周りはエネルギーを燃やす褐色脂肪細胞が多いため、熱を生み出しやすくなります。

 

季節の変わり目はプチ不調に悩みやすい時期。ちょっとした工夫で不調を吹き飛ばしましょう。